手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので ネタバレ感想

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 3話 ネタバレ感想

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので

会員登録なし無料試し読み!

画像をタッチしてブッコミ!へGo

 

今回も小桜クマネコ&チンジャオ娘 ワールド全開!「手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 3話 何より大切だった物を自らの手で汚し尽くして」のネタバレと感想を紹介します!

 

赤の他人とわかった娘をメス豚呼ばわりし、家畜同然に犯しまくる父 俊樹・・。レイプ後すべて終わったあと、警察に出頭しようと家を出ていこうとする父だが、娘が追ってきた!!

二人の運命はどうなる??

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 3話 ネタバレ




父 俊樹は

本能のまま赤の他人と判明した眼の前にいるメス豚を犯しまくった。

 

「お前はセックスするために生まれてきたんだ!家畜も同然・・・っ」

娘として育てた陽葵の穴は、俺がセックスするため、

肉棒を挿れて擦るためだけに育てたものなんだ、と

自分や眼の前の陽葵に言い聞かせるように、

 

ただただひたすら肉棒を突きまくった。

 

「いやっ!やめてよ・・・お父さん・・・」

 

父は陽葵の処女の締まりのあるキツイ穴を指でさぐるってみた。

愛液で濡れまくっていた。

 

「お前の母さんも性欲がすごくてな・・・一時期は毎晩のようにセックスしていたよ」

 

と父 中村はバックで挿入しながら妻の話を語りだした。

 

昔、突然妊娠したから結婚しようと言ってきた妻。

妻のお腹の子は自分の子だと疑いもなく思っていた。

 

お腹の子は自分の子だと思っていたから金も時間もかけて育ててきた。

いい学校にも行かせたいし、いい仕事にも就いてもらいたいし、

幸せにもなってほしかった。

 

「それなのに、お前はお前はっ・・・!

所詮単なる、他人なんだ!!」

 

俊樹は今までの思いを吐くかのように、精●を陽葵の中にぶちまけた!!

 

しかし陵辱はこれでは終わりでなかった。

 

父 俊樹は行くべきところに行く前に、ヤり尽くしてやるというのだ。

 

父は陽葵の足を大きく持ち上げ、強引に肉棒を挿入

 

ずちゃずちゃずちゃ・・・

パンッパンッパンッパンッパンッ・・・

 

「昔はおむつ交換するために股を広げたけれど、

今のお前はセックスするためだけに股をひらくんだからな」

 

そう言いながら、娘のク●をいじりながら肉棒を激しく出し入れ

泣きながらこらてている娘。

 

おぉぉぉぉ・・・!!

最後の射精。

 

冷静になった父と泣きじゃくる娘・・・

 

父は娘とは話す資格がないと思い、

 

そのまま警察に出頭するために家を出ていった。

 

「お父さん、待って・・・!!」

 

陽葵はバスタオルを巻いた格好で父の後を追いかけてきた。

 

「お父さん行かないで・・・!」

4話へ続く

無料試し読みは画像をタッチ↓

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 3話 感想



3話もひたすら父による娘をレイプするシーンになりました。

父が最後に出し切った後から話がぐっと変わってきます!

ヤりきった父が警察に出頭しに出ていくのに対し、娘の陽葵が追いかけて出ていくのを阻止します。

あんな酷いことされたのに・・・。

 

陽葵は俊樹にとって「何よりも大切だったもの」だったのに、

お前は家畜同然だ、セックスするために育ててきたんだ。

もう見ていて痛いほどです。

理性を失い、自暴自棄になって本能のままに

手塩にかけて育ててきた娘を汚して汚しまくる。

 

陽葵はレイプされた被害者なのに、それでもお父さんにいてほしい!

今日のことはなかったことにするからと・・・。

 

それほど、陽葵にとったら俊樹は必要な人なのでしょう。

陽葵にとっても「何よりも大切だったもの」なのでしょう。

 

無料試し読みは画像をタッチ♪↓

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 3話 おすすめエロシーン



陽葵をバックで強引に挿入するシーン、片足を持ち上げて挿入するシーン

ただただひたすら陵辱シーンが3話でのおすすめです!

 

強引に強引にただひたすら猿のごとく父が腰を振りまくるハードなシーンばかりです。

 

愛あるセックスシーンではなありませんが、

泣きじゃくって抵抗している相手にレイプをするのに萌えるかたには

オススメのエロシーンです♪

 

4話以降で見られる合意のある二人共感じまくってる性行為はさらに見応えありますよ♪

会員登録なし無料試し読み!

/画像をタッチしてブッコミ!へGo\