手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので ネタバレ感想

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 5話 ネタバレ感想

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので

会員登録なし無料試し読み!

/画像をタッチしてブッコミ!へGo\

今回も小桜クマネコ&チンジャオ娘 作「手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 5話 身体を重ねるたび娘は女の悦びに目覚めて」のネタバレと感想を紹介します!

 

父親によるレ●プ後、はじめて父と向き合って父の肉棒をセックスとして受けれいる陽葵。

セックスって気持ちいいってことわかり、若い陽葵の性への目覚めが凄い!!

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 5話 ネタバレ



お父さんにいてほしいという気持ちはあるけれど、レ●プされた時のままの感情のままじゃ嫌だから・・・

 

セックスって気持ちいってことがちゃんと知りたい。

今は挿れたい、お父さんに挿れてほしい!!

 

そう思うようになった陽葵。

 

四つん這いになり、バックの姿勢で父の肉棒を受け入れる。

 

お父さんとちゃんと向き合ってセックスするってことも初めてだし、

父 俊樹のペニスは特に大きかったから、挿入時はびっくりしたけれど

ちゃんとセックスできるとわかった。

 

「お父さん、キスして

 

バックで挿入しながら二人は口と口の濃厚なキスを交わす。

 

そのまま父は激しく陽葵の中を抜き差しして突きまくり・・・

陽葵の中で射●!

 

「私、やってみたいのがあるの」

陽葵は騎乗位でセックスしたいと言った。

 

陽葵は父の上に乗ってM字に大きく股を開いて肉棒を膣に受け入れる。

 

大股開いて恥ずかしい・・・

自分で擦っている感じで気持ちいぃ

 

そう思いながらも

 

ずちゃずちゃずちゃ・・・

 

陽葵は自分で上下に腰を動かしまくる。

 

あぁぁぁ!!!おぉぉぉ!!

父 俊樹は陽葵との騎乗位セックスでイキまくる。

「気持ちよすぎるよ・・・陽葵の・・・」

 

「これは毎日セックスしなくちゃね」

完全に性、女の悦びに目覚める陽葵であった。

6話に続く

無料試し読みは画像をタッチ♪↓

/会員登録なしで読める♪\

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 5話 感想



レ●プされたままの気持ちでいるのはやはり辛かったんでしょう。

お父さんと一緒にいたいという気持ちもあったから、

ちゃんと父とセックスできるのか向き合った5話でした。

 

最初の挿入では、、父 俊樹の肉棒が大きくてびっくりしたようだけれど

 

気持ちいいって感じることができたようですね♪

 

それどころか、ヤッてみたいことがあるっていって

騎乗位にトライする陽葵は、やっぱり若いし凄い^^

 

お股を開いて、男性の上に乗って挿入するだけでも

かなり恥ずかしいエッチな姿。。。

 

5話以降でも更に父 俊樹との愛あるセックスがたくさん見れるので

見てみてくださいね♪