手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので ネタバレ感想

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 6話 ネタバレ感想

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので

会員登録なし無料試し読み!

/画像をタッチしてブッコミ!へGo\

今回も小桜クマネコ&チンジャオ娘 作「手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 6話 身体を重ねるたび娘は女の悦びに目覚めて」のネタバレと感想を紹介します!

 

父親によるレ●プ後、はじめて父と向き合って父の肉棒をセックスとして受けれいる陽葵。

セックスって気持ちいいってことわかり、若い陽葵の性への目覚めが凄い!!

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 6話 ネタバレ




陽葵は学校から帰って来てすぐに父 俊樹の肉棒を咥える。

 

「早くおち●ちんが食べたかったんだもん

お父さんも私のを舐めてよ」

 

と陽葵が上になり69(シックスナイン)で二人性器を舐めあった。

 

「お父さん、ちゃんと割れ目を開いて・・・突起を舐めてほしいの」

 

陽葵は、いつも1人エッチでク●を刺激しているのだ。

だからお父さんにもやって欲しいとお願いする。

 

「このおちん●んでお父さんはお母さんの中でも射●して、

私の中でも射●したんだよね・・」

 

と父にとって答えづらいことを質問する陽葵。

 

答えられず、無言になる父俊樹であった。

 

そんなことを話しながら二人で互いの性器をしゃぶり合う

 

イチャイチャ、ペチャペチャ・・・

んぽっ んぽっ んぽっ んぽっ んぽっ・・

 

父はまさか赤ちゃんの頃から見てきたこの娘のおま●こに、

まさか自分が舌を入れるなんて思っても見なかった。

 

陽葵は今や意志のある肉塊となり、芽生えた性欲で父のチ●コをひたすらしゃぶる。

 

そして就寝中は母が隣で寝ている側で二人は声を殺しながら体を重ね合った・・・。

 

7話に続く

 

会員登録なしで無料試し読みは画像をタッチ↓

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 6話 感想



レイプされたときの酷い状態から、よく「意志のある肉塊」の状態になれたなあぁと

とても感心しました!!

 

父親に襲われたショックを乗り越え、セックスって気持ちいいんだね♪

ということを身を以て体感し、

 

自分からどんどん父のアレを求めていく「意志のある肉塊」になったんです。

 

父が逆についていけないくらいすごくエロくなって・・・

 

それから母と比べるようになってきている陽葵の姿も見られるようになってきます。

この肉棒でお母さんの中にいれたんだね、とか

私の穴とお母さんの穴、どっちが気持ちよかった?

と。

女性として母に対抗する気持ちも目覚めてきていて面白くなってきました

無料試し読みができるのはブッコミのみ↓

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 6話 おすすめエロシーン



6話ではなかなかエッチな陽葵ちゃんが見れます♪

 

陽葵ちゃんが父のチ●コをペロペロ舐めて・・・

それと自分のマ●コもちゃんと割れ目を開いて突起を舐めてほしいなんてw

 

父と娘の69なんてめっちゃエロいですよ〜。

 

今回はセックスシーンではなく、性器を舐め合うシーンですので

フ●ラや69を見たい方は是非♪