手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので ネタバレ感想

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 8話 ネタバレ感想

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので

会員登録なし無料試し読み!

/画像をタッチしてブッコミ!へGo\

今回も小桜クマネコ&チンジャオ娘 作「手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 8話 若いメスとの生セックスは中年精力に火を付けて」のネタバレと感想を紹介します!

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 8話 ネタバレ



お父さん、早く挿れて!

 

陽葵は父に早く挿れてほしくてセックスを急かしている。いつもの体を横にしながら挿入する側位で・・・。

 

「もう、ゴムなしでいいから、挿れて!やっぱりお父さんに中に出してもらいたいもん!」

 

横向きで挿入すると、横がいい感じで擦れるし、

内臓もモニョモニョする感じで、とっても気持ちがいいという。

 

 

父 俊樹は自分の肉棒を強く抜き差し強くする。

 

まるでジェットコースターに乗っている感じの感覚で快感がマックスになる陽葵♪

 

お父さん、なにか私したほうが良い?とお父さん思いの陽葵。

 

「自分で乳首でも揉んでろ!」

 

と言われて、陽葵は自分で自分の乳首を気持ちよく刺激する。

 

父 俊樹はもう我慢ならず・・・

 

陽葵の中で射●!!

 

陽葵は父がイッた後も、違う体勢でもっとセックスをヤりたい、

自分は全然元気だからもっとやりたいくらい・・と

 

父にさらなるエッチを要求するけれど、

 

中年の父 俊樹は体力的にアップアップだったw

 

「俺はジジイなんだから少し休ませてくれ・・・・」

 

 

その日の晩ごはんでは、母はスーパーで買ってきた弁当を温めて出した。

最近、夕食といったらこの弁当が続く。

 

母「私だって色々忙しいんだから」

という。

そして夕食中にも関わらず、誰かとLINEをしているようだった。

 

「私だって色々あるの」

 

そんな夕食中に、突然母は父に

 

「ねえ、今日は久々に一緒に寝ない?久しぶりに・・・

 

と夜の営みを誘ってきたのだ。

 

そして、父 俊樹が夜、妻の部屋に久々に入ると

 

既に下着姿になっている母がいた。

 

なんのためらいもなく、下着を脱ぎ尻を向けて四つん這いになる。

 

「何してるの?早くしましょうよ」

 

前戯なしで、俊樹はゴムにローションをつけバックで妻のアソコに肉棒を挿入。

 

尻の形は娘と似ていると思った。

けれど肌の張りは全く違う。

 

妻とのセックスは決して気持ちよくないわけではなかった。

ただ無意識に入れ心地を比べてしまっている自分がいたのだ。

 

「どうなの?気持ちいい?」

と聞いてくる妻。

 

妻は膣をどういう風に、どのタイミングで締めたら良いのか、

どうすれば男が喜ぶのか、セックス中に膣を調整しながら

俊樹とのセックスで試しながらやっているようだった。

 

 

妻はセックスが終わった途端、すぐにスマホで誰かと連絡を取り始めた。

 

俊樹が「またスマホか」と指摘すると・・・

 

「何?なにか文句ある?」

といい、

これからLINEの友達と夜中に会ってくるという。

 

 

「こんな夜に会うことないだろ」と俊樹が言うが、

 

行く先聞かれるの拘束されてるみたいで気分悪いし、

着替えるから部屋からさっさと出ていけという妻は言った・・・。

9話に続く

 

会員登録なしで無料試し読みは画像をタッチ↓

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 8話 感想


お父さんを見つけてはセックスを要求するようになった陽葵。

彼氏じゃないし、お父さんという立場だから、エッチを要求しやすいんだろうなぁ。

小さい子供が「お父さん、抱っこ!」と抱っこを要求するような感じくらいの感覚で、

エッチしているのかなw

 

それにしても陽葵、エロくてカワイイ♪

 

赤の他人とはいえ、家族という形をとっている家族だものね・・・。

 

とうとう、妻が出てきました。

妻が娘の前で夜の営みを要求するとはww

 

一緒に寝ましょう?というのは、子供にとっても「エッチしましょう」と言っていることは当然バレバレなわけで。

陽葵が照れていたのがちょっと気になりましたw

 

でもこのときの陽葵は悔しかったろうなあぁ。

 

お母さんといえども、他の女にお父さんを寝取られるわけだから。

9話以降で陽葵のお母さんに対する別な思いが強く出てくるので、

楽しみに読んでください♪

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 8話 おすすめエロシーン



今回はずばり陽葵じゃなくて、妻とのセックスシーンをおすすめしますw

 

この漫画では顔の表情が一切描かれていない妻。

 

その妻が大きな尻をコチラに向けて四つん這いになり、

早く挿入しろって主張している姿が、妙にエロいんです。

終わった暁には、ピンクのパンティー履いてまだ四つん這いになってる絵w

 

陽葵と違って熟女というか人妻でもあるので

そのエロさが四つん這いから漂ってくる感じがGoodでしたw

 

次回、手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 9話の詳しいネタバレ感想はこちらの記事をどうぞ!